味のある佇まい、癒しの住空間、昔から受け継がれてきた大工匠。
そんな日本の古民家に魅せられて、ブログを作成してみました。
わたしも日本の伝統的な古民家を世田谷に再生移築して住みたいものです。

2021年01月27日

町田市薬師池公園

町田市薬師池公園

yakushiikekoenenter.jpg
所  在  地 ;東京都町田市野津田3270番地
開 園 時 間 ;午前6時〜午後6時
休  園  日 ;年中無休

旧永井家住宅
 永井家は多摩丘陵で代々農家を営んでいた。この建物は、現在位置の北方約3.3キロメートルのところにあっつたが、多摩ニュータウンの建設にともない町田市に寄贈され、昭和50年(1975)にこの薬師池公園に移築された。
 建築年代については資料を欠くが、構造手法からみて17世紀末ごろと推定される。
 桁行15.0メートル、梁間8.8メートル、寄棟造、茅葺で、正面に土庇、土間側面に突出部を設け、屋根を葺き下ろしている。平面は広間型三間取りで下手を土間とし、床上にはヒロマ、デイヘヤが配されている。デイは板敷、ヒロマとヘヤは竹スノコで、天井は三室ともスノコ天井となっている。ヒロマ、ヘヤ境には押板が設けられている。側回りは開口部が少なく、閉鎖的である。
 この住宅は都内では最古に属するもので、広間型三間間取りの平面、四方下屋造の構造、しし窓や押板など、神奈川県の古民家と類似点をもち、その分布を知るうえで重要な違例である。
                               平成一二年三月設置 東京都教育委員会

nagaikegaikan1.jpg
旧永井家外観


nagaikegaikan2.jpg
旧永井家外観


nagaikenaikan3.jpg
旧永井家内観



旧荻野家住宅

 桁行11.67メートル、梁間8.18メートル、一重、入母屋造、妻入、カヤ葺、建築面積145.53平方メートル。建築主は明治元年に没した荻野衛門である。表に向かって右の六畳とその奥の九畳は調剤、診察の用に供し、他は居住部であったと思われる、もと町田市三輪町にあったが、昭和48年5月、町田市所有となり現地に移築された。
                            昭和52年11月3日建設 東京都教育委員会

oginokegaikan3.jpg
旧荻野家外観


oginokegaikan5.jpg
荻野家外観
posted by サカケン at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都

狛江むいから民家園(東京都狛江市)

狛江むいから民家園
araikeseimon.jpg
荒井家住宅母屋

指定 年月日  平成3年11月12日
旧 所 在 地  狛江市元和泉一丁目23番2号
構造 ・形式   木造、寄棟造、角屋付、茅葺、桁行7間、梁間3間

概    要
荒井家は、泉龍寺の表門の突き当たりにあったころから、屋号を大門先といい、江戸時代の後期には、村方医師として医師、農業が実業でした。昭和2年の小田急線開通の際に屋敷内を線路が通るため、東向きの主屋を曳き家して南向きにしました。さらに平成14年にこの古民家園に移築されたものです。
 建築当初は、直屋で桁行7間、梁間3間、三ツ間取り広間型の間取でしたが、江戸時代末頃にヒロマの後方部1間半拡張して角家とし、整形四ツ間取りに改修しました。明治時代以降には、チャノマを間仕切ってナカベヤや小部屋を造ったり、内便所を付けてます。
 今回の復元は角屋の時期としました。土間境やザシキ、デイ境の柱を切って差鴨居を入れたり、ザシキに京呂組の梁組が使われていることなどに特徴がみられます。                現地説明板より
araikegaikan3.jpg
外観

araikegaikan1.jpg
外観

araikeiroribata.jpg
囲炉裏端

posted by サカケン at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都

2015年04月18日

致道博物館(山形県鶴岡市)

致道博物館(山形県鶴岡市)

chidouenter-600x400.jpg
致道博物館

<致道博物館の沿革>

鶴岡市は江戸時代に城下町として発達した町です。致道博物館は鶴ケ岡城(現在鶴岡公園)の三の丸にあたり、庄内藩の御用屋敷となっていた所です。

庄内藩は徳川四天王の一人酒井忠次を祖とし、三代忠勝が元和8年(1622)信州松代から14万石で移封となってから明治まで酒井氏が治めていました。

明治後も酒井氏は鶴岡にとどまり昭和25年(1950)郷土文化向上のため旧藩校致道館資料及び土地建物を寄附され、財団法人致道博物館として発足しました。

「致道」という名は庄内藩校「致道館」によるもので、その出典は中国の古典「論語」の一節「君子学んで以って其の道を致す」にあります。
パンフレットより



<重要文化財旧西田川郡役所>

創建年月日 明治14年5月
指定年月日 昭和44年12月18日
木造2階建、両翼1階建、玄関突出、中央搭屋、時計台付、桟瓦葺
棟高20M、建築面積264.99u

明治13年(1880)6月に当市の大工棟梁高橋兼吉、石井竹次郎が初代県令三島通庸の命によって着工し、翌14年5月に完成した建物である。同年秋、明治天皇東北御巡幸の折には行在所(御宿舎)にあてられた。

創建当初は市内馬場町(現在の消防署)に南向き偉容を誇っていたが、永く保存するため、昭和47年当館に移築復元したものである。(付属建物として議事堂、用務員室があった。)

この建物は明治開花期に外国の影響を受けた擬洋風建築で、外観は簡素ながら均整のとれた意匠を示している。上げ下げガラス窓、玄関柱は柱脚台と頸巻繰形でバランスをとり、軒先廻りの化粧陸垂木などはルネッサンス風で、また2階の釣り階段は鹿鳴館時代を偲ぶことができる興味深いものである。
現地案内版より

nishitagawagunyakusyogaikan-600x400.jpg
旧西田川郡役所



<御隠殿>

ここの土地は酒井氏入国当時(元和8年・1622)から藩の御用屋敷で、慶安年間(1648−1651)には3代酒井忠勝の次男忠俊の住居があった。

現存する建物は、幕末の文久3年(1863)11代忠発の時に藩主の隠居所(御隠殿)として建てられたもので江戸屋敷から移築したものと伝えられる。奥の座敷では「能」を演ずることが出来る様に、きれいな床板が張られ、床下には音響をよくするために大きな甕が並び据えられていたといわれる。

玄関と奥の座敷が当時の建物の一部で、大名屋敷の広壮な面影を偲ぶことができる。

goinden-600x400.jpg
御隠殿



<旧渋谷家住宅(田麦俣多層民家)>

創建年月日:文政5年(1822)
指定年月日:昭和44年12月18日
1重3階寄棟造、茅葺
桁行8間半(15.4M)梁間6間(10.9M)


東田川郡朝日村田麦俣は湯殿山麓の村落で、全国でも有数の豪雪地帯である。江戸時代には出羽三山参詣のための道者宿をしたり、強力や馬子をつとめて生活していたが、明治維新後、宗教集落的性格を失い、わずかの田畑を耕し、養蚕と炭焼を正業とするようになった。
この地方の代表的な当建物はそのため創建当初の寄棟造りの破風窓のある妻の部分を切り取り、養蚕場として十分な採光通風の窓(高はっぽう)としたので、現在のような美しい輪郭と反りをもった「かぶと造り」という独特な外観の民家ができ上がった。
この民家は部屋の天井を高くし、高窓を設けるなど雪国手法らしいがみられ、構造は上屋柱と下屋柱からなり、小屋はさす組、軒はせがい造りである。
近年の急激な生活様式の変化によって消滅寸前であったため、昭和40年当館に移築復元したものである。
現地案内板より



sibuyakejuutakugaikan1-600x400.jpg
旧渋谷家住宅

sibuyakejuutakugaikan2-600x400.jpg
旧渋谷家住宅

sibuyakejuutakugaikan3-600x400.jpg
旧渋谷家住宅

sibuyakejuutakunaikan1-600x400.jpg
旧渋谷家住宅



<旧鶴岡警察署庁舎>

創建年月日:明治17年11月
指定年月日:昭和31年12月28日
木造2階建て、両翼1階建、玄関突出、桟瓦葺
棟高19M、建築面積237.6u

この建物は旧西田川郡役所と同じ当市の大工棟梁高橋兼吉が設計し、市内馬場町(現在の物産館前)に、工費五千三百四十六円二十銭をもって明治17年起工、同年11月に完成した。

昭和32年鶴岡警察署移転に伴い、建築士会が中心になって当館に移築復元したもんである。

この建物は外部窓廻りなどにルネッサンス様式を模しているが、屋根の大棟、破風妻飾りなど在来様式をも巧みにとり入れ、明治初期の擬洋風建築として独特の形態をもっている。

初代県令三島通庸が明治新政府の威容を表すべく建築したといわれ、木造入母屋造りの堂々たる外観を示している。
現地案内板より


tsuruokakeisatsusyo-600x400.jpg
旧鶴岡警察署庁舎





皆様からの古民家園情報をお待ちしております。
ご協力お願い致します。

坂本建設株式会社
banner.gif
posted by サカケン at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県

小野家住宅(埼玉県所沢市)

小野家住宅(埼玉県所沢市)


onokeenter-600x400.jpg
小野家住宅


国指定重要文化財 小野家住宅

小野家住宅の建つ所沢市林は、かつて林村と呼ばれていました。「林」という地名は、江戸時代の地誌ヵ所『新編武蔵風土記稿』によると、村内に林木が多くあったのでその名がついたといわれています。江戸幕府の直轄地(天領)に属し、17世紀の後半から18世紀にかけて開発が進んだようです。

ところで小野家には、延宝5年(1677)以降の墓と位牌があります。このため祖先はこの地の開発に当り、17世紀末に住み始めたと考えられます。

小野家住宅の建築年代は、構造や建て方などから18世紀の初頭と推定されています。建築後は幾度となく改修が行われたようですが、建物自体は壊されずにそのまま残り、昭和50年に武蔵野の開拓農家の面影を残す代表例として国の重要文化財に指定されました。そして昭和53年に解体保存修理工事が施され、江戸時代の姿に復元されました。さらに平成15年には茅葺き屋根を再度葺き替えました。 
パンフレット抜粋


onokegaikan1-600x400.jpg
小野家住宅外観


onokegaikan2-600x400.jpg
小野家住宅外観


onokenaikan1-600x400.jpg
小野家住宅内観


onokenaikan2-600x400.jpg
小野家住宅内観



皆様からの古民家園情報をお待ちしております。
ご協力お願い致します。

坂本建設株式会社
banner.gif

posted by サカケン at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県

大和市下鶴間ふるさと館(神奈川県大和市)

大和市下鶴間ふるさと館(神奈川県大和市)

furusatokanenter-600x400.jpg
下鶴間ふるさと館


大和市下鶴間ふるさと館のご案内

ふるさと館には市指定重要文化財の旧小倉家住宅母屋と土蔵が復元されています。母屋は安政3年(1856)に建築されたもので宿場の商家建築として県内でも数少ない建物です。建物の床板から、墨で書いた黒船の絵や「安政3年」という年紀が発見されています。土蔵は前身建物の古材を用いて大正7年に同じ規模で再建されたまので、商家の付属建築です。一般的に袖蔵といわれ、商品などを保管しておくものです。

■開館時間 :午前9時から午後5時まで 入館は午後4時半まで
■休館日  :月曜日  休日と重なった日はその翌日  
       年末年始 12月29日から翌年の1月3日まで
■入館料  :無料 特別な行事または展示が開催されている場合には観覧料などが必要です。 

現地案内板より

ogurakegaikan1-600x400.jpg
旧小倉家

ogurakegaikan2-600x400.jpg
旧小倉家

ogurakenaikan-600x400.jpg
旧小倉家



皆様からの古民家園情報をお待ちしております。
ご協力お願い致します。

坂本建設株式会社
banner.gif


posted by サカケン at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県