味のある佇まい、癒しの住空間、昔から受け継がれてきた大工匠。
そんな日本の古民家に魅せられて、ブログを作成してみました。
わたしも日本の伝統的な古民家を世田谷に再生移築して住みたいものです。

2015年04月18日

柳瀬荘(埼玉県所沢市)

所沢市 柳瀬荘



柳瀬荘

enter4.jpg

〒359−0012 埼玉県所沢市阪之下437  
公開日:木曜日

柳瀬荘はもと故松永安左エ門氏(耳庵)の別荘でしたが、昭和23年3月に東京国立博物館へ寄贈されました。敷地は17.235平方メートル、建物は重要文化財の「黄林閣」のほか書院造りの「斜月亭」と茶室の「久木庵」などがあります。



黄林閣

kourinkakugaikan1.jpg

kourinkakugaikan2.jpg

kourinkakunaikan.jpg

黄林閣 ; この建物は現在の東京都東久留米市柳窪の地において、天保15年(1844)大庄屋であった村野家の住宅として建てられたもので、昭和5年に故松永安左エ門氏(明治8年〜昭和46年、電力事業に生涯を捧げ「電力の鬼」といわれた実業家、茶道・美術に造詣が深かった)が譲り受けてここに移築し、別荘として使っていたものです。江戸時代・天保期の特色をよく示すものとして重要文化財に指定されています。

木造平屋建、入母屋茅葺、建築延面積 381平方メートル 桁行13間、梁間6間半、昭和53年国指定重要文化財



斜月亭

syagetsutei.jpg

斜月亭 ; この建物は昭和13年頃に東大寺や当麻寺などの古材をもって建てれたと伝えられており、その造りは近代数奇者といわれた故松永氏の個性あふれる趣に満ちています。

木造平屋建、瓦葺、数寄屋風書院、建築面積 151平方メートル、8畳の上の間、6畳次の間、縁座敷の表5畳



久木庵

kyuubokuan.jpg

久木庵 ; この茶室はもと江戸初期の武士土岐二三が建てたもので、解体されていた旧材料をもって昭和13年頃に建て替えられたものです。

木造平屋建、鉄板葺、真壁造、建築面積 17平方メートル、2畳台目の茶室及び4畳水



皆様からの古民家園情報をお待ちしております。
ご協力お願い致します。

坂本建設株式会社
banner.gif


posted by サカケン at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/120609232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック