味のある佇まい、癒しの住空間、昔から受け継がれてきた大工匠。
そんな日本の古民家に魅せられて、ブログを作成してみました。
わたしも日本の伝統的な古民家を世田谷に再生移築して住みたいものです。

2014年08月30日

旧本田家住宅(長崎県長崎市)

旧本田家住宅(長崎県長崎市)

1gaikan210.jpg

国指定重要文化財(昭和44年6月20日指定)

所在地  長崎市中里町1478番地 長崎市所有
建築年代 江戸時代(18世紀後半)


本田家住宅の建築された年代については、現在のところははっきりしたことは判っておりません。しかし、建築様式などから、今からおよそ230年前に建てられたと推測されます。また、本田家の菩堤寺である福瑞寺の過去帳には、「代右衛門明和6年丑天(1769)没」とあるため、この頃からすでに本田家が、ここ中里の地に家を構え、農業を営んでいたと考えられます。

日本旧来の家屋は、俗に田の字型の間取をしていますが、本住宅は、土間より2室の間仕切りを取り除いて3室とした、いわゆる三室間取の構造となっております。入口を入ってすぐ左側には、「おうえ」とよばれる部屋があります。この「おうえ」は囲炉裏を中心として家族が集まり、食事をする場所であり、また、親密な友人などが来たとき、応接する空間です。これに対し、「ざしき」は格式ばった来客があった場合にとおす部屋になります。間取りの最も奥にある部屋は納戸です。主人夫婦の寝間であり、座敷とともに敷居が高くなっているのは、他の部屋と区別をつけるなどの意味合いがあったと考えられます。
(現地説明板より)

2gaikan111.jpg

3naikan19.jpg

4naikan26.jpg

5enter8.jpg

この建物は旧長崎街道(巾:1.8m程)から上の写真の道を15mほど登るとあります。看板も有りません。長崎の方に連れていって頂いたのでたどりつけましたが、案内がなければ分からないかもしれませんね。(国道には看板がありましたが)



皆様からの古民家園情報をお待ちしております。
ご協力お願い致します。

坂本建設株式会社
banner.gif


posted by サカケン at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎県